Ecology
毎日の移動に自転車を取り入れて
街と人にやさしいライフスタイルを。
環境に優しい乗り物といえば自転車です。化石燃料の消費量はゼロ。 乗ってる人の体力次第でどこへでも出かけられる自転車は、 環境にとても優しい乗り物と言えます。 では自転車はどれくらい環境に優しいのでしょうか。
HOME > 自転車ってどれくらいECOなの?

自転車と環境のイイ関係 自転車ってどれくらいECOなの?

自転車通勤をすると生涯で CO2排出量が約50t削減できる!

1人が1kmを移動する際、乗り物ごとにどれくらいの差があるのかを示した図です。 自転車はCO2の排出量がゼロなので、単純に考えてみても1日30kmの往復に車を使っていた人が自転車通勤にかえると、生涯で約50tのCO2削減に繋がります。

移動手段別のCO2排出量(比較)
※片道15kmを往復。土日祝日休みで一年間248日を自転車通勤。
※ 一人が1kmを移動するときに発生するCO2排出量 g/km
※ 交通エコロジー・モビリティ財団(2009年度版運輸・交通と環境)に基づき作成

自転車通勤をすると生涯で 200リットルドラム缶100本分ものガソリン節約!

20歳の方が60歳の定年まで40年間自転車で通勤した場合の試算です。 なんと生涯で200リットルのドラム缶100本分ものガソリンの節約になります。 毎日ではなくても、多くの方が自転車通勤に切り替えれば化石燃料の消費量もへり、 環境保全に大きく貢献できますね。

※片道15kmを往復。土日祝日休みで一年間248日を自転車通勤。
※車の燃費はリッター15kmで換算した場合の試算です。

サイクリストに優しい町づくり