サイクリスト・インタビュー

 
HOME >  サイクリストインタビュー > 九工大サイクリング部の皆さん

仲間と切磋琢磨!
のびのびとサイクルライフを楽しむ
学生さんたち

九州工業大学 | スマキタ
九州工業大学にサイクリング部があると聞きつけて、大学生たちが
普段、どんなサイクルライフをおくっているのか訪問取材しました。
サイクリング部 部長

みなさん、ウエアも自転車も本格的ですね。 部員は何名くらい在籍していますか?

「4年生までふくめると18名ほど在籍しています。よく集まるメンバーは13人程でしょうか」と、爽やかな笑顔で答えてくれた部長さん。 「大学の講義は時間がバラバラで、みんな学科も違うので決まった日に集まるというわけではないんです」。

では、練習はどうやって行って
いるのですか?

「基本的に普段は個人練習がほとんどですね。連絡をとって集まることもありますがその日部室に集まるメンバーで走ることが多いですよ」

サイクリング部

学業が忙しくて、みんなで集まって一斉に練習、
というわけにはいかないんですね?

それもありますが、みんなこっそりと個人練習をするのが好きみたいです」それはどういう事ですか?とたずねると 「人知れず練習して、合同練習の時に実力を伸ばして驚かせるのが楽しみなメンバーが多いんです」お互いの顔を見合わせて、 いたずらっ子のような笑顔をうかべる部員たち。「なかには、北九州市のメディアドームで練習しているメンバーもいます。 愛好会のために月に一度、元競輪選手の指導のもと練習会が実施され、それに参加することで隠れてスキルアップを図ってるようですね」 こっそり練習して皆を驚かせたいなんて、男の子らしい無邪気な楽しみ方ですね。

サイクリング部  | スマキタ

そんな自由なスタイルの部員達も、
大きな大会前には声をかけあって
合同で練習をしているそうですね?

「はい。その時は大学から平尾台までを往復したり、大学のまわりを何週も走ったり。日頃の秘密特訓の成果を、 この時とばかりに発揮しますね。練習はバラバラの事も多いですが、お互いに切磋琢磨しながらサイクリングのスキルを磨いているので、 結果的に良い効果になっていると思います」努力している姿はみせずに能力を伸ばす部員達、ちょっとカッコいい気がします。

今までどのような大会に出ましたか?

「いろいろ参加しています。きらら浜サイクルミーティングや、かわったところではオートポリスの3時間耐久ロードレースに出場しました。 もちろん、サイクルツアー北九州にも参加したことがあります。順位を競う大会も楽しいですがサークルで行くツーリング旅行もすごく楽しいですよ」

九州工業大学 | スマキタ  

大会も楽しいけれど、仲間と一緒に走れるのがなにより楽しい。

九工大サイクリング部のみなさんは本当に楽しそうに部活動の話をしてくれました。 大会にむけてこっそり個人練習を積み、本番で仲間を驚かせる。大会だけでなく仲間とのツーリングを楽しむ。 忙しい学業のかたわらでサイクルライフを満喫しています。学生時代の今だけでなく、社会にでてからもぜひ自転車の素晴らしさ、 仲間と走る楽しさを伝え広めてもらいたいですね。