ENGLISH ENGLISH ENGLISH

自転車のルール & マナー

HOME > 自転車のルール&マナー > こんな事故が起きています
   

事故防止ケーススタディ
こんな事故が起きています

自転車も車道を走ろう

  

増加する自転車の事故

もともとは日本でも、自転車は車道を走るのが当たり前でした。それが昭和40年代になって車が急激に普及し始め、車と自転車の事故が増加したことから歩道の通行が認められました。本来は暫定的な措置でしたが、結果的に歩道通行が定着してしまいました。その結果、今度は歩行者と自転車との接触事故が増加。死亡事故や、高度な障害が残る事故も起きており、多額な損害賠償が発生する事案も少なくありません。

 
自転車と歩行者の事故/スマキタ 自転車事故の起こりやすい状況を知っておこう!/スマートサイクル北九州

歩道通行がむしろ危険になる場合も!

車道を走ると、歩道を通行するより危険だと直感的に感じるかもしれませんが、実際は歩道を通行する方が、車道を走る場合よりも事故が多く危険です。これは、歩道を通行する自転車が車から認知されにくいためです。実際、歩道を通行している自転車に気づかず、飛び出して来た自転車と交差点で接触する例が多く報告されています。つい歩道の方が安全そうに思うかもしれませんが、車から認知されやすい車道を走行しましょう。

歩道を通る自転車は車から認知されにくい/スマキタ

事故の発生場所は
交差点が多い!

これまで歩道を通行するのが当たり前だった日本でも、自転車ブームや安全意識の高まり、そして自転車専用レーンの整備などによって徐々に車道走行の意識が高まって来ています。それでも自転車事故の発生の多くは「交差点」で起きています。自転車事故の発生場所と原因を知って、安全運転を心がけましょう。

自転車関連事故の発生場所/スマートサイクル北九州
どんな危険が
潜んでいるでしょう?
信号機のある交差点を自転車で渡るあなた。 前には右折しようとする車、 後ろには左折しようとする車、 横断歩道を渡る歩行者もいます。
急に右折してきた対向車と衝突!/スマキタ

急に右折してきた対向車と衝突!

対向車が急に右折してきたため、直進していたあなたと衝突した。

左折する大型車に巻き込まれる!//スマートサイクル北九州

左折する大型車に
巻き込まれる!

あなたの姿が大型車の運転手のミラーから見えない「死角」に入ってしまうために起こる巻き込み。車が曲がるときに後輪が前輪よりも内側を通る「内輪差」によるもの。

左折する車を避けようとして、後続車と衝突!/スマキタ

左折する車を避けようとして、
後続車と衝突!

前の車が左折する際、横断歩道上の歩行者に気付き、急停止。その車を追い越そうと、車道の中央寄りに急に進路変更したあなたと後続車が衝突した。

交差点では、青信号だからといって油断は禁物!
左右前後の安全をきちんと確認してから横断しよう!
●歩行者が近くにいる場合、十分に距離をあけ、すぐ止まれるよう、
 スピードを抑えましょう。
●前から来る右折車に対しては、目を合わせたり、手を上げるなどの合図
 で、自分の存在を運転者に伝えることが大切です。
●左折車に巻き込まれないようにする場合は、安全な位置で待ちましょう。


どんな危険が
潜んでいるでしょう?
自転車に乗っているあなたの目の前にトラックが1台停車中、反対車線にも駐車している車が1台います。
対向車と正面衝突!/スマキタ

対向車と正面衝突!

反対車線に駐車している車を
避けて飛び出してくる車と衝突。

追い越そうとした車のドアが開く!/スマートサイクル北九州

追い越そうとした車の
ドアが開く!

駐車しているトラックの
ドアが突然開いて衝突。

後続車と衝突!/スマキタ

後続車と衝突!

あなたと同じく大型車を
避けて追い越そうとする
後続車と衝突。

  
道路に駐停車している車がいる場合は、
一旦停止して前後左右を確認してから進みましょう。
●まず止まってから前後左右の確認を。
●大型車の右を通るのが難しい場合は歩道を徐行する。(歩行者に要注意)
●ドアが急に開いてもぶつからないよう間隔を開けましょう。
●後続車がいる場合、通過するまで待ちましょう。

自転車事故で問われる責任問題

自転車での加害事故例/スマキタ
散歩中の歩行者と正面衝突。
歩行者は転倒して意識不明。
夕方、ライトを点灯して坂を下っていた自転車が、散歩していた歩行者と正面衝突した。 転倒し、頭を強打した歩行者は、5年以上過ぎた今も意識が戻らず寝たきりの状態が続いている。

(平成25年7月 神戸地裁判決)
バスの横をすり抜けようとして
降車客と接触
路側帯を通行していた自転車が、停車中のバスとバス停の間をすり抜けようとして降車中の客に足が接触した。
バスから転げ落ちた客は、頭部外傷などを負った。
(平成元年9月 京都地裁判決)
電柱をよけるため車道へ出てきた歩行者と正面衝突。歩行者は転倒して後遺障害。
夕方、無灯火で道路の左端を通行していた自転車が、電柱をよけるため車道へ出てきた歩行者と正面衝突した。転倒した歩行者は、頭部外傷で後遺障害を残した。
(平成14年9月名古屋地裁判決)
歩道を走行中、
携帯電話中の歩行者に追突。
速い速度で歩道を通行していた自転車が、歩道の真ん中で立ち止まって携帯電話で通話中の歩行者に追突した。車輪が足に衝突した歩行者は、負傷した。

(平成15年9月 千葉地裁判決)

もしも事故を起こしてしまったら?

  

事故の相手がケガをしている場合は すぐに119番で救急車を呼ぼう


二次被害を防ぐため、自転車を歩道などの 安全な場所へ移そう


現場を確認し、けが人の人数や状況を 警察に知らせよう


事故の相手の名前、住所、連絡先を お互いに確認しあおう

もしも事故を起こしてしまったら?/スマートサイクル北九州

自転車保険は必要?

自転車で事故を起こし、他人にケガを負わせたり財物を壊す、損害を与えるなどして加害者となれば高額の損害賠償を請求されることもあり得ます。 過去の加害事故例からもわかる通り、自転車事故のリスクに備えて、保険に加入しておくことはとても大切です。

自転車は軽車両。事故をおこせば当然加害者になることもありえる。/スマートサイクル北九州
自転車事故と保険 加害者となり責任を問われる場合/スマキタ

自転車事故での損害賠償に備えるには、他人にケガを負わせたり他人のモノを壊した場合に支払われる「個人賠償責任保険」があります。

加害者となる場合/スマートサイクル北九州

転倒などで自分がケガを負った場合に備える「傷害保険」があります。自転車安全整備店で購入又は点検整備を行い、基準に合格した自転車に貼られる「TSマーク付帯保険」なら、自分のケガと他人に負わせたケガの両方に対して、保険が支払われます。



個人賠償責任保険特約や自転車保険でカバー

保険の種類と保証内容/スマキタ

 ※ 傷害保険、火災保険、自動車保険の特約として個人賠償責任保険の
   契約をすることも可能です。詳しくは保険会社にご確認下さい。



第一種TSマーク 第二種TSマーク/スマキタ

TSマーク付帯保険とは?

自転車安全整備士が普通自転車を点検・整備して安全が確認された自転車にはTSマークが貼られ、TSマークには、TSマーク付帯保険という保険を付けることも可能です。補償内容は損害賠償で最大5000万円、怪我の入院でも15日以上が対象です。

傷害保険 賠償責任保険/スマートサイクル北九州

TSマーク付帯保険の有効期限は
整備した日から1年間。更新を忘れずに!

TSマークの付帯保険には有効期限が定められており整備(点検)した日から一年間しかありません。日々の点検と、保険が切れていないか注意が必要です。