ENGLISH ENGLISH ENGLISH

自転車のルール & マナー

HOME > 自転車のルール&マナー > 子育てと自転車
   

幼児同乗用自転車について
子育てと自転車

子供を同乗させる事が可能なのはどんな場合?/スマキタ

幼児同乗用自転車では
子どもの同乗が許可されています

幼児同乗用自転車とは、強度、制動性能、駐輪時の安定性、フレームなどの剛性、走行中の振動防止、発進時の安定性など、幼児を2人乗せても安全に走行できる自転車のことです。このような安全基準を満たす自転車であれば、幼児(6歳未満)2人を乗車させることができます。

幼児2人同乗用自転車には、運転者のための乗車装置と幼児用座席2つを設けるために必要な、特別の構造又は装置を有しています。安全性について認証された自転車には、「BAAマーク」又は「SGマーク」と、「幼児2人同乗基準に適合していること」を示すシールなどが付いています。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ
BBAマーク、SGマーク/スマートサイクル北九州 子供を同乗させる事が可能なのはどんな場合?/スマキタ
一般の自転車の場合/スマートサイクル北九州

一般の自転車の場合

16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた幼児同乗用自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させる事は可能。
※上記の他、運転者は幼児1人を子守バンドなどで背負って運転できます。

幼児2人同乗用自転車の場合/スマキタ

幼児2人同乗用自転車の場合

16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造又は装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。
※幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転する事はできません。

子供を乗せるときの注意点/スマートサイクル北九州

乗せるときは子どもを最後に。
降ろすときは子どもを最初に降ろす、が鉄則。

自転車はしっかり固定して、積み荷を載せた後に子どもの乗り降りをさせる。

運転中は「転んだらどうなる」を常に意識!
運転するアナタがお子さんの命をにぎっています!

常に安全運転と、自分が事故を起こしたら子ども達がどうなるか、の意識をもって運転して下さい。



法改正でアシスト力が2倍に。
子育てに便利な
電動アシスト自転車

一般の自転車の場合/スマートサイクル北九州

一般の自転車の場合/スマートサイクル北九州

走り出しがスムーズだから
子どもを乗せるなら電動アシスト付きの
自転車が最適です。

2008年12月1日に改正された道路交通法施行規則によって、電動アシスト自転車の人力に対するアシスト比率の上限が 従来の1:1から1:2に拡大されました。アシスト比率のアップにより、これまでよりも少ない力で自転車を走らせることが可能になりました。

実は、子どもを乗せて自転車に乗る時に一番危ないのが走り始める瞬間です。子どもを乗せることでどうしても重量が重くなってしまい そのためバランスを崩してしまうのです。

電動アシスト自転車なら、1:2の力でこぎだしをアシストしてくれるため、スムーズに発進することができるのです。

小さなお子さんを自転車に乗せて移動する機会の多い方は、電動アシスト自転車を検討してみると良いかもしれません。

幼児2人同乗用自転車の場合/スマキタ

日本の電動アシスト技術
車イスにも導入

ヤマハ発動機では、同社の電動アシスト技術を車いすの分野に応用をはじめています。 障がい者だけでなく、今後拡大する高齢者市場を考えての参入ですが、実際に試乗してみるととても軽くて、 車輪を押すだけでスムーズに発進、走行時も力の加減以上にスピードが出て快適です。