自転車の選び方

HOME > 自転車のルール&マナー > 自転車の選び方
   

自分に合った自転車を探そう
自転車の選び方


どんな乗り方がしたいですか?

自転車に乗りたいけど色々な形の自転車があって、何を選んで良いか分からない。 そんな理由から、サイクルライフを諦めていませんか?どんな乗り方をしたいのかを 知れば、おのずと自分に合った自転車がみえてきますよ。

街乗り 通勤通学や、遊びで街中を走るのがメインという方

通勤通学で利用

健康維持と環境問題を気にする方が通勤に「スポーツバイク」を使うケースが増えています。 「クロスバイク」であれば、少々路面状況が悪くても走りやすいので街乗りには最適です。 よりスピード感を楽しみたい方には「ロードレーサー」が良いでしょう。また、性能ではなく ファッションとしてシンプルにスタイリッシュに決めたいならメンテナンスもシンプルな 「ピストバイク」が人気です。※ピストバイクにはブレーキやライトなどの保安部品を取り付けて下さい。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : クロスバイク、ロードレーサー、ピストバイク

普段つかう街乗り用

「スポーツバイクはちょっと敷居が高い?」そんな方には電動自転車やママチャリなど、気軽に乗る事の出来る自転車が良いでしょう。 街中であれば小回りの利くミニベロや、持ち運びや収納も便利な折りたたみ式自転車もオススメです。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ
  

オススメは : ミニベロ、電動自転車、折りたたみ式自転車



健康・ファッション 運動不足の解消やファッションとして利用したい方

エクササイズ・ダイエット用

「楽しみながらダイエットしたい!」という方にもスポーツバイクはオススメです。 ロードレーサーで長距離ツーリングを楽しんだり、クロスバイクやマウンテンバイクでオフロードを走ればとっても爽快です。 ウォーキングやランニング等の有酸素運動よりもヒザや足首への負担をかけることなく、 長時間の運動が可能な点も自転車のメリットです。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : クロスバイク、ロードレーサー、マウンテンバイク

ファッションや遊びとして

健康維持やエクササイズは勿論、ファッションとして街乗りを楽しみたいならBMXやマウンテンバイク、ピストバイクはいかがでしょうか。 小径で小回りの利くミニベロや折りたたみ式自転車も、日常のファッションでそのまま気軽に乗れて自転車がアクセントにもなるのでお洒落を気にする方にオススメです。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : BMX、ピストバイク、ミニベロ、電動自転車、折りたたみ式自転車



自転車で思いっきり走りたい 趣味として始めたい方

速く・長く走り続けたい

街から抜け出して自然の中を「とにかく遠く・早く走りたい!」という方には、速く走る事に特化したロードレーサーがオススメです。 クロスバイクも、タイヤをロード用に履き替えればより快適に走ることができます。スポーツバイクは、練習を重ねれば1日で数百キロの距離を走る こともできますので、自転車を趣味として始めるならスポーツバイクが良いでしょう。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : ロードレーサー、クロスバイク

レースに出てスピードを競いたい

仲間とのんびりツーリングを楽しむ他にも、自転車のスピードを競ったり自分の体力の限界まで挑みたいという方には、 ロードレーサーの他にトライアスロン用の自転車もオススメです。自転車の形状も、速く走ることに特化していて美しいのが特徴です。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : ロードレーサー、トライアスロン他

大自然の中を走りたい

「未舗装路をガンガン走りたい!」そんなアウトドア派にはマウンテンバイクがオススメです。 タイヤも太く安定した走りができ、クッション性の高いバイクも多いので、 悪路を走るにはもってこいです。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは :マウンテンバイク、ランドナー、シクロクロス

自転車で仲間と旅を楽しみたい

「スポーツバイクを旅の道具として使いたい!」という方は、さらに旅のスタイルに思いをめぐらせてから自転車をお選び下さい。 例えば電車や車で自転車を運び、旅先で乗る場合はミニベロや折りたたみ式自転車など、小さくて持ち運びがしやすいタイプや、分解して輪行が簡単なものが良いでしょう。 また、長距離をツーリングして楽しむ場合は、長い時間走行しても疲れないランドナーや、ロードレーサー、クロスバイクで短時間に長距離を進む自転車が良いかもしれません。 ご自身のスタイルがはっきりしたら、自転車専門店でアドバイスを求めてみるのも良いかもしれません。

自転車は原則一人乗りだが次の場合は同乗が可能だ!/スマキタ

オススメは : ランドナー、ロードレーサー、クロスバイク