ENGLISH ENGLISH ENGLISH
自転車ノリダーが
セーフティライドを
伝授しよう!
道路交通法上自転車は「車両」に含まれ「軽車両」の一種に分類される事を知ってるかい? 誰でも年齢に関係なく気軽に乗れるから、ついつい忘れてしまいがちだが、 乗り物を運転している自覚をもって安全に配慮した乗り方が大切なんだ。 このコーナーでは私、自転車ノリダーがセーフティライドの基本を紹介しよう。 
HOME > 自転車のルール&マナー > 自転車安全利用5則

意外と知らない?
自転車のルール&マナー

自転車は車道が原則、歩道は例外/スマキタ 車道は左側を通行/スマキタ 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行/スマキタ 安全ルールを守る/スマキタ 子供はヘルメットを着用/スマキタ 自転車に乗るならこの5則は常識必ず守ろう!/スマキタ

「え?自転車って歩道を
 走っちゃダメなの?」  自転車は車道が原則、歩道は例外です。

自転車はあくまで軽車両/スマートサイクル北九州

自転車はあくまで軽車両。
車道を走るのが原則!

歩道と車道の区別のある所は、車道通行が原則。歩道はあくまでも例外です。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 (道路交通法第17条)

自転車が通行できる路側帯は左側の路側帯に限る!/スマキタ

自転車が通行できる
路側帯は左側の路側帯に限る!

歩道の無い道路を白の実線などで区切った「路側帯」でも、自転車は必ず道路の左側に設けられた路側帯を走るよう義務づけられました。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 (道路交通法第17条の2)

「自転車も車と同じく、
 左側通行ルールを守ろう」 車道は左側を通行

車道では常に左側端に寄ろう!/スマートサイクル北九州

車道では常に左側端に寄ろう!

車道外側線の位置に関わらず、自転車は車道の左側を通行します。路上駐車の車や、雨水などに十分気をつけて通行しましょう。

(道路交通法第18条)

右側通行は逆そうだぞ/スマキタ

車と同じように
自転車も右側通行は禁止!

車道で右側通行すると、左側通行を守っている自転車と正面衝突します。あわてて衝突をさけようとした自転車が道路の中央に飛び出して車と衝突するなどの事故を招きます。車道では左側通行を必ず守りましょう。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 (道路交通法第17条)

交差点の横断は2段階右折!

自転車は車線数に関係なく、信号のある交差点は必ず2段階右折をします。交差点先の角まで進み、周りの安全を確認してから一旦停止。右に進路を変えて、信号に従って進みます。自転車が右折車線に入るのは違反であり、危険なのでぜったいにしてはいけません。

 2万円以下の罰金又は科料
(道路交通法第34条)

「自転車が歩道を通れるのは
 どんな場合?」 「歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行」

自転車及び歩行者専用標識/スマートサイクル北九州

「歩道通行可」の標識がある場合

歩道は原則として歩行者専用ですが、標識などで自転車走行が認められていれば通行できます。

自転車及び歩行者専用標識/スマキタ
車道の通行がむずかしい場合は歩道走行可/スマートサイクル北九州

車道の通行がむずかしい場合

車道や交通の状況でやむを得ない場合は、歩道走行が認められます。

【例えば】

■道路工事や縦列駐車車両などで車道の左側の通行が難しいとき。

■交通量がとても多く、車道の幅が狭いため、自動車と接触する危険性があるとき。

13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、
体の不自由な方は歩道を通れます

幼児(6歳未満)や児童(6歳以上13歳未満)、高齢者(70歳以上)、内閣府令で定める身体障害者の方などはどの歩道でも自転車で通行できます。

歩道は、走るのではなく通らせてもらうんだ/スマキタ

歩道は歩行者優先
歩行者にやさしい運転がきほん!

歩道では、歩行者に危険がないように、徐行するのが原則です。歩行者の妨げになりそうなときは、一時停止をしなければいけません。

2万円以下の罰金又は科料
(道路交通法第63条の4)

車道寄りを徐行/スマートサイクル北九州

「安全第一!自転車走行で、しては
 いけないことってなんだろう?」   安全ルールを守る

自転車も飲酒運転しない!
絶対ダメ!

酒気帯び運転は、注意力や判断力が低下するため、運転者本人だけでなく歩行者への危険も高まります。 アルコールを飲んだら絶対に自転車に乗ってはいけません。 また、自転車に乗ることが分かっている人に絶対にお酒を勧めてはいけません。

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(酒酔いの場合)
(道路交通法第65条)

自転車も飲酒運転しない!絶対ダメ!/スマキタ

携帯電話を使用しない!

携帯電話で通話したり、画面を注視しながらの自転車運転は禁止されています。

5万円以下の罰金
(道路交通法第71条、福岡県道路交通法施行細則第14条)

大音量でヘッドホンなどを
使用しない!

大音量でヘッドホンなどを使用して車両を運転する行為は禁止されています。音楽ばかりに気をとられていると他の車両などの発見が遅れ交通事故などを起してしまうかもしれません。

5万円以下の罰金
(道路交通法第71条、福岡県道路交通法施行細則第14条)

大音量でヘッドホン等を使用しない!/スマキタ

横に並んで走らない!

「並進可」の標識がある場合を除き、ほかの自転車と横に並んで走るのは原則禁止です。歩道では歩行者の通行の妨げになり、車道では車との距離が近くなり大変危険です。縦一列になって走りましょう。

2万円以下の罰金又は科料
(道路交通法第19条)

横に並んで走らない!/スマートサイクル北九州

無灯火では走らない!

夜は必ずライトをつけましょう。無灯火だと歩行者や運転者から見落とされやすく、危険です。昼間もトンネルなどの暗い場所ではライトをつけましょう。

5万円以下の罰金
(道路交通法第52条)

無灯火では走らない!/スマキタ

二人乗りはしない!

自転車の乗車定員は一人です。二人乗りは、バランスを崩しやすく、ブレーキをかけてから止まるまでの距離がのびるなど、事故につながる危険があります。

2万円以下の罰金又は科料
(道路交通法第57条、福岡県道路交通法施行細則11条)

二人乗りはしない!/スマートサイクル北九州

片手運転はしない!

片手運転は、ふらつきやハンドル・ブレーキの操作ミスの原因になります。

5万円以下の罰金
(道路交通法第71条、福岡県道路交通法施行細則14条)

片手運転はしない!/スマキタ

一時停止を無視しない!

「一時停止」の標識や表示がある場所では、停止線の直前で一度止まり、左右の安全をしっかり確認をしてから、再び走行します。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
(道路交通法第43条)

一時停止を無視しない!/スマートサイクル北九州

「え?子どもが自転車に乗るときは
 へルメットが必要なの?」  子どもはヘルメットを着用

かわいいわが子には
ヘルメットを着用させよう!

13歳未満の児童・幼児が自転車に乗るときは、保護者がヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。ヘルメットはサイズが合うものを選びましょう。一度大きな衝撃を受けたヘルメットは機能が低下するので絶対に使用しない。(道路交通法第 63条の11)

もちろん!大人もヘルメットを着用する事が望ましいぞ!/スマートサイクル北九州