どうやって乗り方を教えたら良いか
お悩みではありませんか?
HOME > 自転車のルール&マナー > 乗り方・教え方
   

初めての自転車
自転車の乗り方、教え方

これからはじめて自転車を運転するお子さんをおもちのお父さんお母さん。「どうやって乗り方を教えたら良いか」でお悩みではありませんか? 自転車の乗り方を教えるには3つのポイントがあります。以下の3点に注意しながら、 ご自分達が初めて自転車に乗れるようになった日のことを思い出して上手に子ども達に乗り方を教えてあげてくださいね。


進行方向を見よう(下を向かない)

初めて自転車を運転するときは、ついペダルをこぐ足下に眼をむけてしまいます。 自転車を運転するときは進行方向をしっかりと見ていないとバランスを取れません。 また衝突・転倒の原因にもなりますので、お子さんが足下に眼を向けていたら前を向くように声をかけましょう。

肩と腕はリラックスして

お子さんは慣れない自転車の運転で、からだがこわばってしまう場合があります。 肩と腕に力が入りすぎているとハンドルをきることができないのでバランスがとりにくくなります。 ゆったりとリラックスするように心がけ、肩と腕に力を入れないようにアドバイスしてください。

足はペダルをこぎつづける

補助輪を外した自転車は、こぎ続けていないとバランスを崩して倒れてしまいますので、
つねにペダルをこぐことを忘れないように声かけをしてあげてください。

※交通公園で貸し出ししている自転車は、園内だけで利用する練習用の自転車のため
ライトは取付けられていませんが公道を走る場合は必ずライトが取付けられた自転車に
乗りましょう。

お父さん、お母さんへ
こんなところにも気をつけてあげましょう

  • サドルにまたがってハンドルを握り、前を向いて両足で地面をけってバランスをとりながら進む練習をしましょう。 バランスがとれるようになったらペダルに足をのせてこぐ練習をしましょう。

  • こぐのが難しいときは、スタンドをたててこぐ練習だけをしましょう。

  • サドルにまたがってハンドルを握り、止まって左足で立ち、 右側のペダルを上にあげて右足でそのペダルを力一杯踏み込んでスタートの練習をしましょう。

  • 止まる時は、左手(後輪)のブレーキをかけて止まるように教えましょう。

北九州交通公園では
親子で補助なし自転車教室」を開催しています。

申し込み

かわいいわが子には
ヘルメットを着用させよう!

北九州交通公園では、これからはじめて自転車を運転する子ども達と、そんなお子さんをおもちのお父さんお母さんのための 「親子で補助なし自転車教室」を開催しています。教室では、自転車を運転できるようになるための3つのポイントをわかりやすくご紹介。 交通公園内の練習スペースを利用して、安全に自転車の練習をして頂けます。 その他にも「はじめての自転車教室」や「自転車運転免許講習会」も開催しています。詳しくは北九州交通公園のホームページをご覧ください。


北九州交通公園
市立交通安全センター

〒803-0835
北九州市小倉北区井堀5丁目1-1
電話:093-652-0169
FAX:093-652-0206

入園無料
開園時間:9:00~17:00(夏期は~18:00)
入場・自転車貸出無料
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)、祝日(日曜の場合は開園)、年末年始

交通アクセス
西鉄バス上到津バス停より徒歩15分
一枝バス停より徒歩15分
北九州パレスバス停より徒歩1分



大切なのは「自転車に乗れること」よりも
子ども達が「安全なルール・マナーを知ること」です。

北九州交通公園では、これから自転車にはじめて乗る子ども達と、そのご両親のための自転車教室をはじめ、運転を練習する場所を提供しています。 自転車の乗り方は、ご両親がお子さん達の理解度にあわせてアドバイスをして、コミュニケーションをとりながら習熟度にあわせてサポートをすることが大切です。 どんなお子さんでもご両親と時間をかけて練習すれば、必ず自転車に乗れるようになります。大切なのは、乗れるようになった時に 「交通ルール・マナー」を理解して、「安全に乗ってもらう」ことです。北九州交通公園では「補助輪なし自転車教室」だけでなく、 交通ルール・マナーを身につけてもらうための「自転車運転免許講習会」や、シミュレーターを使って安全運転の知識を深めてもらうためのイベントも行っています。 「自転車の乗り方」とあわせて、「安全な交通ルール・マナー」の習得のために交通公園をご利用頂くことをオススメします。

一時停止を無視しない!/スマートサイクル北九州 今回お話を伺った
北九州交通公園の
松永さん